初めてのクリスマスディナー

化粧品用具を作っている工場でパートをしているエミコといいます。

 

もう少し長い時間仕事をしてもいいのですが、今勤めているところではそんなに人手不足でもないので、9時~3時までの勤務で終了です。

 

最近段々クリスマスが近づいてきて、街が賑やかになってきた気がします。

 

うちは貧乏なので、クリスマスに限らずあんまりお祝い事にもお金を使えないのですが、昔のことを思い出したのでちょっと書いておこうかと思います。

 

私は32才の時に初めて豪華なクリスマスディナーというものを食べさせてもらい、その味が今でも忘れられないんです。

 

当時も、しがない工場のパート職員だった私とそこの社員だった彼はデートといってもインターネットで探した美味しいもの巡りとかが多かったです。

 

それでも調べて行くのでやはり美味しかったですけど。

 

でも、クリスマスの時彼が大奮発をしてインターコンチネンタルホテル東京ベイのホテルディナーを予約してくれたんです\(^o^)/

 

お店は「マンハッタン」というところで、東京湾が一望できました それだけでもテンション上がりまくりです(*´∇`*)

 

 

私は黒いベルベットのワンピースに髪をポニーテールにして赤いシュシュを着けていました。彼は黒っぽいスーツでした。

 

フランス料理のフルコースだった気がします。

 

もうどのお料理も美味しかったのですけど忘れられないのは鳩のお肉を食べたこと(*´∇`*)

 

鳩なんかこんな時でしか食べられないからって注文してみました。

「うわ〜美味しいっ!」o(*^▽^*)o

外の皮はパリパリであまり脂っこくなくてすごく美味しかったです 身がしまってて、サッパリとしていてクセも無かったです。

 

今でも外で鳩を見かけるとあの味が蘇ってくるくらい美味しかったんですね(○´艸`)

 

もう一つ忘れられないのは、何やらお皿にえびせんべい風なものが盛られて出されたんですけど二人して「??」となったところへ「ザブァー」っと野菜あんのスープがその場でかけられて、それを一口食べてみると「美味しいぃぃ!」もう、二人して大笑いo(≧▽≦)o

 

演出というか「?」→びっくり→「美味しい!」それで笑いが出ちゃったんですよね(*^-^*)

 

高級なレストランで大笑いしてる二人って? でもでも、やっぱり笑わずにはいられなかった。

彼はその夜頼んだワインの空ボトルを記念に持ち帰りました。 (そんな客そうはいないだろう) f^_^;)

 

でもね、そんな客にも丁寧に接してくれるそれが一流のお店なんですね。

 

あれから何年も経ちますが、未だにインターコンチネンタルホテルは私の中で憧れの存在です。

 

もっと歳をとったらまた行ってみたい。その時にまた良い想い出が作れるようなお料理に出会いたいです(*´∇`*)